大阪で人気の医療脱毛

クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛について、最も大きな違いは脱毛効果です。医療レーザー脱毛は医師が行う施術で、得られる効果が大きく、光脱毛では効果が得られなかった人や短期間で脱毛したい人にも向いています。ただし、効果が大きい分、施術時に痛いと感じる人がいたり、かかる料金が高めであることが多いです。一方で光脱毛は、脱毛サロンなどでよく使用されるレーザーです。痛みが少なく、かかる料金も医療レーザー脱毛と比べると安く設定されています。しかしその分、効果が得られるまでには時間がかかります。脱毛が完了するまでに平均して18回程度の照射が必要とされているため、長期的にサロンへ通う必要があります。また、顔の毛など、産毛のような細い毛には効果を与えにくいといった特徴もあり、希望する脱毛部位によっては医療レーザー脱毛の方が望ましいことがあります。以上のように、それぞれ一長一短の特徴があるため、自身の希望に合わせて使い分けると良いでしょう。

医療脱毛と光脱毛の痛みを比較

脱毛サロンやクリニックに通い脱毛をプロに任せる場合は、やはり痛みが気になるという人が多いです。特に敏感肌の人や肌が弱い人は痛みを気にしてしまいます。脱毛サロンでおこなう光脱毛とクリニックでおこなう医療レーザー脱毛では、使用するマシンも違うので痛さにも違いがでてきます。じっくり比較して自分にあった所に通うといいでしょう。サロンでおこなう光脱毛では、医療行為ができないので出力が低いマシンしか使うことができません。出力が低いマシンだと脱毛効果は低いですが、痛みはあまり感じずにすみます。それでも痛さが気になるようなら出力をさらに下げることも可能です。クリニックなどの医療機関でおこなう医療レーザー脱毛は、医療行為が認められた出力の高いマシンを使用するので、脱毛効果が高い分痛みも感じやすくなります。どうしても痛さが気になるという人は麻酔を使用することもできます。最近は医療レーザー脱毛でも肌に優しいマシンを使用する所もあるので、痛みが気になる人はそういうマシンを使用している所に通うといいでしょう。

医療脱毛に必要な回数

医療レーザー脱毛と光脱毛を比較するとそれぞれのレーザー出力の違いから痛みが強いのは医療レーザー脱毛のほうです。医療レーザー脱毛は毛を発生させる毛乳頭やその下の幹細胞に対してレーザー照射し破壊させることで脱毛効果を得られるため必然的に痛みは強くなります。また照射する部位別によっても強さは異なりとくにわきやひざ下、Vラインなどでは強くなります。それでもレーザー照射の回数が増えていき生えている毛の量が減ってくると痛みの強さは徐々に和らいでいきます。一方光脱毛は医療レーザー脱毛と比べてレーザの出力も弱いことや毛穴の奥にあるメラニン色素にのみ反応するため照射する範囲も広くないことからそれほど強い痛みを感じることはありませんが個人差も大きくとくにわきの下やVゾーンなどの太い毛が密集している部位では強く感じることもあります。それでも医療レーザー脱毛と比較して肌へのダメージも少なく痛みも弱いのが特徴です。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

レーザーの種類

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、医療レーザー脱毛のなかでも特に高い脱毛効果があることで有名です。ダイオードレーザーがアレキサンドライトレーザーよりも優れている点は、産毛など色素の薄い毛にも反応しやすいところです。真っ黒で太い毛ほど反応しやすいのがレーザー脱毛の常識ですが、ダイオードレーザーはふわふわとした毛にも効果が出るので、もともと毛が薄くて細い人にも人気となっています。また、ダイオードレーザーは照射面が四角形であるため、全身をまんべんなく脱毛できると言われています。それゆえ、照射面が円形であるアレキサンドライトレーザーよりも、施術時の当て漏れが少ないとされています。熟練した施術者でなくてもしっかりと全身に照射できるため、全国で導入している医院が多くなっています。

アレキサンドライトレーザー

元々は医療レーザー脱毛のためではなく、シミ治療のために技術を研究されていたのが、アレキサンドライトレーザーの特徴です。黒や茶色の色素に反応をして、熱を発してくれるレーザー技術として活用されており、黒ではなく茶色っぽい体毛をしている人でも問題なく利用できます。一度に照射できる範囲が広いのも、アレキサンドライトレーザーの特徴の一つで、全身の脱毛を終えるまでの期間が短いのが大きなメリットの一つです。なるべく皮膚を刺激しないように、脱毛を済ませたい時にもアレキサンドライトレーザーは活用されており、痛みの少なさでも評価されています。皮膚の色素には反応しにくい特徴を持っているために、毛母細胞だけにダメージを与える事ができて、よりスムーズに脱毛の施術を終える事が可能です。

ロングパルスヤグレーザー

今、医療レーザー脱毛の中でも、特にロングパルスヤグレーザーと呼ばれる脱毛法が話題を呼んでいます。一般的なレーザー脱毛では天然のアレキサンドライトを用いますが、ロングパルスヤグレーザーでは人工の結晶を使用します。特徴としては、通常の脱毛では処理できなかったような剛毛でも脱毛できます。ロングパルスヤグレーザーの場合、皮膚の奥深くまでレーザーが到達するためです。また、ムダ毛の自己処理などで肌色が濃くなっていると、脱毛の施術が行えないことがありますが、ロングパルスヤグレーザーであれば脱毛処理が可能です。通常のレーザー脱毛では、レーザーは肌の黒い部分にも吸収されてしまいます。しかしロングパルスヤグレーザーは、皮膚の奥にある毛根部にしっかり届きます。

ルビーレーザー

男女問わずシミやアザは気になりますよね。放置しておいても絶対に消える物ではないのでしっかりと消したい方には医療レーザー脱毛の種類なのですがルビーレーザーが非常に効果的です。色の濃い、薄いに関係なく広範囲に使用できるのでとても効果的です。また、回数場所、濃さ、広さ、個人差もありますが平均して1~6回くらいを目安にすると良いでしょう。ルビーレーザーの効果は即効性ではなく徐々に出てきますので自己判断で途中で辞めない事がとても大切なポイントとなります。レーザー照射した場所にテープを貼ってくれるので、そのテープの上から洗顔なども問題ありません。シャワーや入浴も当日から大丈夫なので気負わずに病院を探してルビーレーザーの施術を受けてくださいね。

脱毛機の種類

ジェントルレーズ

ジェントルレーズは、医療レーザー脱毛の器械なので、医師のいる医療機関でしか扱うことができません。ジェントルレーズの特徴として、波長が短めのレーザーのため、肌へのダメージを最小限に抑えて脱毛をすることができます。また、冷却ガス機能が搭載されているので、肌荒れが出にくく、痛みも軽減することができ、敏感肌の人にはいい脱毛器になります。ジェントルレーズの照射ヘッドは、一般的な大きさになりますが、乱反射がおこりにくい設計になっており、効率的にレーザーを毛根に届けることができます。照射スピードも早いため、従来よりも早いスピードで施術を終えることができます。また、従来の脱毛器に比べて重さが軽いため、よりスピーディーに施術でき、照射漏れを防ぐことができます。

ライトシェアデュエット

ライトシェアデュエットは、医療レーザー脱毛のレーザー機器の一つであり、日本のクリニックに多く置かれています。レーザーの照射ヘッドが「35mm×22mm」のタイプのものがあり、他の機器よりも大型のものであることが特徴的であり、1度に広いエリアにレーザーを照射することができるため、治療時間を大幅に短くすることが可能になっています。また、照射ヘッドが「9mm×9mm」のミニタイプのものも付いているレーザー機器であるため、細かい部分もしっかりと治療をすることができ、一つの機器で全身を効率的に治療することができることが特徴的です。レーザーを照射しながら肌を冷却するシステムも搭載されていて、レーザーによる肌へのダメージを最小限にすることができるため、肌に優しい脱毛を行いやすいです。

メディオスターNeXT

医療レーザー脱毛機器のメディオスターNeXTは、今までの医療レーザー脱毛の機器とは違う毛の組織を破壊します。他の医療レーザー脱毛機器は、毛の深部の毛根を破壊することで毛が生えないようにしていましたが、メディオスターNeXTの場合は、毛根細胞に栄養を送る組織のバルジ領域を破壊することで毛を生えないような状態にすることを目指しています。バルジ領域は、毛根よりも皮膚の表面に近い部分にあるため、レーザーの威力を大幅に小さいものにすることが可能であり、肌に優しい治療をすることができます。威力が小さいため、痛みが従来のものよりもかなり少ないことが特徴的であり、痛みが多い部分の顔の治療を効率的に行うことが可能です。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグは全身脱毛の補助として使用されることが多い医療レーザー脱毛です。他の脱毛機器と比べるとレーザーの波長が長く肌の深部まで光が届くため、VIOや脇といった太くて濃いむだ毛に効果的といわれています。色素に反応しにくいという特徴があるため、産毛など色素が薄い毛には効果は薄いとされていますが、日焼けした肌にも使用が可能なためレジャーで日焼けした後でも脱毛処理が可能というメリットがあります。産毛が広い範囲に生えている腕や背中といった部位には不向きとされていますが、ジェルを使わないスピーディーな照射が可能という特徴を生かし、VIOラインといった局所的に使用することで脱毛にかかる時間をより短縮することができます。

レーザーと脱毛機の種類のまとめ

医療レーザー脱毛は、今日では多くの美容クリニックで受けることができますが、クリニックによって導入しているマシンの種類が違うこともあります。安全で高い効果を得るためにも、自分の肌や毛にあったマシンで脱毛を受けることが重要です。多くの美容クリニックで導入されているアレキサンドライトレーザーは、一般的な日本人の肌の色をしている人に向いているマシンです。照射面積が広いことから全身脱毛でも短時間で済ませることができ、光の照射前にジェルを塗る必要もないので、ジェルの冷たさに体を冷やしてしまうこともなく、ジェルを塗るという時間を削減することができます。また、肌の色が濃い目の人であれば、ダイオードレーザーが向いています。他にも、男性のヒゲ脱毛であったり、Vライン、脇毛などの太い毛には、波長が長いロングパルスヤグレーザーが向いています。ルビーレーザーになると、脱毛とともに美肌効果も得ることができるので、女性に人気があります。

医療脱毛の料金

クリニックと脱毛サロンの料金の違い

エステの施術に比べて、医療脱毛の料金は高く設定されています。その理由のひとつに、健康保険が適用されない事があります。病気や怪我の治療は健康保険が適用される為、3割負担等、本来の治療費よりも安く治療を受けられるようになっています。それに対して、脱毛というのは、見た目を良くする為の治療となります。ですから、健康には影響をしない為、健康保険が適用されず、全額自己負担での治療となってしまいます。その為、料金が高額になる事になります。ただ、健康保険が適用されない治療の場合、その治療費は医療機関がそれぞれ設定をする為、とても高額になる事もあれば、意外と安い価格で治療を受けられるようになっている事もあります。ですから、医療脱毛だからといって、とても高額になるとは限りません。価格競争により安い価格での施術を提供するエステが増えてきている為、医療脱毛は高いというイメージが強くなっていますが、比較的安い価格での治療が可能な医療機関もあります。

大阪の医療脱毛の料金の相場

医療脱毛はサロンと比べて信頼性が高く、施術中は麻酔などの補助を受けることができます。脱毛サロンにはないメリットがある医療脱毛ですが、料金の相場はどのくらいなのでしょうか。人間の毛には毛周期があり、皮膚の中には休止中の毛が必ず存在するので、サロンやクリニックを一度利用しただけでは脱毛を終えることはできません。利用するクリニックにもよりますが、脱毛の効果を実感するには、半年~1年の間に、3~8回の施術を受ける必要があります。多くの場合、医療脱毛には複数のメニューが設定されており、施術回数が多いメニューほど料金が高くなります。全身脱毛を行う場合、3~5回のメニューだと30万円程度、6~8回のメニューだと50万円程度の費用がかかります。全身脱毛の料金が高いと感じたら、部分脱毛から始めてみるのも手です。部分脱毛にかかる費用は、処理を行う部位によって異なりますが、平均すると10~20万円の料金になります。

安い医療脱毛探しのコツ

安い価格で医療脱毛を受けたいと考えるのであれば、まずは医療機関に関する情報収集をしておく事が大切です。医療脱毛の料金というのは、医療機関がそれぞれに設定している為、医療機関の選び方によって大きく変わってくる事になります。実際に少しでも安い医療機関を探す為には、コース料金を意識した探し方が重要になってきます。脱毛というのは、1回の治療で終わるものではなく、医療機関の場合5回以上の施術を繰り返しムダ毛が生えてこない状態へと変えていく事になります。その為、医療機関では複数回の治療がセットになったプランが用意されている事が一般的です。複数回の治療がセットになったプランは、割引が適用されている事が多い事が特徴です。ですから、よりお得に治療を受けたいと考えるのであれば、セットプランの料金を比較検討していく事がおすすめです。それによって、本当に安く医療脱毛を受ける事ができる医療機関を見つける事ができるようになります。

支払方法

医療脱毛は、クリニックによっては一回ごとの都度払いでも利用ができるので、手ごろな価格で支払いを済ませることができます。しかし、医療脱毛は一回だけ受けても効果を感じることは難しいものであり、何度も施術を受けることで効果を得ることができる方法でもあるため、一回の利用料金を安く済ませるためにも回数制パックがお得になります。けれども、支払額が高額にもなってしまうので、一括払いが難しいという人もいるでしょう。そんな人のための支払方法として、クリニックによってはクレジットカード払いが用意されていることがあります。クレジットカード払いであれば、クレジットカード独自のポイント制度を利用すると、現金で一括払いよりも結果的に安く利用できることにもなります。しかし、クレジットカードを持っていない人には困ってしまうものです。医療脱毛では、クリニック独自の医療ローンが用意されていることもあります。分割払いをすることができるので、すぐにでも脱毛を開始することができます。

医療脱毛に必要な期間

部位ごとに異なる?

医療脱毛は、クリニックなどで施術を受けることができます。レーザーを使用して施術を行います。レーザーを使用した施術は、厚生労働省で医療行為とみなされているため、医師による施術が義務づけられています。そのため、万が一のお肌トラブルにも、敏速に対応してくれるので安心です。レーザーは全身のムダ毛に当てることができます。照射の強さを変えることができるため、痛みを感じた場合には無理をせずに施術者に伝えましょう。完了までにかかる回数や期間は、毛の量や質、希望の仕上がり具合などによって個人差がありますが、部位によっても異なります。デリケートゾーンや脇など、毛が濃く、太い傾向にある場合には、腕や足と比べると照射回数がより必要となる場合があります。デリケートゾーンは生理時には施術が行えないため、予約日に施術が行えない場合には完了までにかかる期間が長くなる可能性があります。脱毛のメニューを選ぶ際には自分の毛の状態にあったものを選ぶことをおすすめします。

部位ごとの医療脱毛との相性

脱毛は、フラッシュ脱毛と医療脱毛の2つに分けることができます。医療脱毛は美容クリニックなど医師のいる施設で受けることができる施術です。医療脱毛には、主に2つの特徴があります。1つ目は、脱毛効果の高さです。医療脱毛は名前のとおり、医療行為に分類することができる脱毛です。特別な許可を得た施設で行うことができる脱毛行為ですので、ムダ毛への高い抑制効果を期待することができます。2つ目の特徴は施術範囲の狭さです。医療脱毛はムダ毛への効果が高い反面、施術範囲が狭いというデメリットがあります。そのため、1回の施術で処理できるムダ毛の本数が少ないことが多くなります。これらの特徴を考えると、相性の良い部位と悪い部位が分かってきます。両わきやVIOラインなど、ムダ毛が濃くて狭い範囲は効果が得られやすいというメリットがあります。その反面、背中や両手足など施術範囲が広い部位では、1回の施術時間が長くなりやすいので注意が必要です。

部位別でクリニックに通う周期

どんな最新の技術を駆使した凄いマシンでも絶対に1回で終わらないのが医療脱毛です。何故なら、毛周期というのがあり簡単に言うと人間の体には無数の毛穴があり実際は全ての毛穴から毛が生えている訳ではなく、一部の毛穴から生えているのです。今、生えてない毛穴は休んでいると思ってください。脱毛というのは文字通り、毛が生えてこないことを目的としていますので、今現在、生えている毛だけを脱毛してもしばらくしたら休んでいる他の毛穴から毛が生えてくるのです。本当に人間の体とは不思議なものですね。また、さらにややこしいことに各部位によって毛周期が違うのです。分かり易く説明しますと、髪の毛と他の部位の毛は伸びる期間が違いますよね。更に部位の毛穴によっても毛周期は違いますし、人によっても毛穴の数はもちろんのこと毛周期も違うのです。ですから、平均的な治療回数、期間はあっても実際にかかる期間は始めてみなと分からないというのが正直なところです。